So-net無料ブログ作成

南極大陸 あらすじ 9話 [南極大陸 あらすじ 9話]

南極大陸 9話のあらすじとネタバレを少し紹介します。

南極大陸ドラマの9話は、こんな内容です。

南極大陸に置き去りにしてきたリキ タロ ジロなどの犬たちが、生存している可能性があることを信じていた倉持(木村拓哉)は第三次隊にどうしても参加したかった。

しかし、第一次と二次の越冬隊員は選考から外される予定だった。白崎(柴田恭兵)は経験者の必要性を説き、元隊員たちの加入を政府に訴えるが、政府の方針は変わらない。

少しでも役に立ちたいと「宗谷」の修理を手伝う倉持に、シロ子親子の世話をしている北海道の古館(山本學)からある情報がもたらされる。

南極大陸 実話 タロジロの真実

感想としては、倉持が第三次観測隊に参加しないと、ドラマが進展しないので南極大陸に行ってタロ ジロと再会ってストーリーだと思います。それが、南極大陸 最終回か、10話くらいか・・・

南極大陸 9話の簡単なあらすじとネタバレでした。詳しくは、土曜日の南極大陸9話をお楽しみに。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © ドラマ あらすじ ネタバレ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。